うらら酵素の成分を詳しく調べてみました!

数ある生酵素サプリの中でも今大人気となっているうらら酵素の成分を、詳しく調べてみました!

うらら酵素の全成分は?

【うらら酵素の全成分】穀物麹(白米、大麦、赤米、玄米、粟、キビ、黒米、タカキビ、ヒエ)、植物発酵食品、植物発酵エキス(デキストリン、糖蜜、黒砂糖、オリゴ糖、ヨモギ、ウコン、ドクダミ、ハッスの葉、高麗人参、その他)、酵母ペプチド、酒麹、穀物発酵エキス、デキストリン、マルトデキストリン、乳酸菌(殺菌)、乳酸菌末/結晶セルロース、HPMC、カラメル色素、(一部に卵・大豆・バナナ・やまいも・りんご・キウイフルーツ・オレンジ・ごま・カシューナッツ・小麦・入成分を含む)

ほとんどが目にしたことのある成分で、植物由来・自然由来のものばかりという印象です。うらら酵素は栄養幇助食品として販売されていますので、ダイエット中の方はもちろん、栄養が偏っている方にもおすすめしたいサプリです。

麹ってどんな効果があるの?

麹には多くの酵素が含まれていて、酵素は食べ物の栄養を分解して消化・吸収を助ける働きをします。麹に含まれる酵素には、アミラーゼ、プロテアーゼなど30種類以上あると言われていて、まさに酵素の宝庫なのです。

消化・吸収を助ける働きの他にも、麹の酵素によって生み出されるオリゴ糖は、腸内細菌”善玉菌”の大好物であり、これをエサに善玉菌が増えることで腸内環境が整います。「便秘がなおった」という口コミが多いのはこのためですね。

また、ビタミン類を生成する働きもありますので、美容面でも良い効果があり、美肌へと導いてくれます。

植物発酵エキスってどんなもの?

うらら酵素の成分表には、「植物発酵エキス」と書いてあるだけですが、39種類の加熱処理をしていない生の野菜をフリーズドライした発酵エキスと、234種類もの野菜・果物・野草を加え醸造発酵させたエキスが含まれています。

植物発酵エキスは、体内の酵素の働きを調節し、代謝をスムーズにして健康維持をサポートします。

本来、植物発酵エキスといえば、何種類もの野菜や果実、穀物や海藻などを長期発酵・熟成させて作り出されるものですが、

うらら酵素の生の野菜を加熱処理せずにフリーズドライした発酵エキスは、生きたままの酵素がたっぷりと含まれているということになり、より高い効果が期待できます。

特許成分である酵母ペプチドって?

酵母ペプチドという成分は、美容大国である韓国の高麗大学で研究され、特許を取得しています。

食欲を抑えたり、体内への溜まりを防ぐサポートをしてくいれます。

とにかく、身体に良いものを厳選してギュッとカプセルにしたのがうらら酵素というワケなんですね。安心して続けられるのは、この成分にあるのかもしれません…!